ゴエン、日本への愛、日本の責任

ベネズエラのマラカイボ、カルロス宅に滞在中。

3年前に、日本の震災を受けて彼が立ち上げた団体「御縁」。
日本の若者とマラカイボの若者の架け橋になろうとする団体です。
http://goenmaracaibo.blogspot.com/

 

2013年で、125人がここで日本語を学んでいます。

ソーランなんかもやってます。

 

そして今年は、日本の外務省からの奨学金で、日本に留学する学生を2人輩出。
(ベネズエラ全体で5名定員。倍率は10倍)

 

毎日、それぞれのクラスの終了式兼忘年会(おおむねノンアルコール)が続いています。
いまみんなは、Wiiのダンスゲームに興じてます。

床に座り込んで花札。
その前はナルトのゲーム。

進撃の巨人のマークのネックレスをつけてる女の子。

 

数日前はクリスマス前ということで、
「東京ゴッドファザーズ」の上映会でした。

 

こんな離れた国の、一都市に、こんなにも僕たちの国のファンが。
日本の皆さん、僕たちは、愛されています。

それをまとめ上げてるカルロスの力にも脱帽ですが。

 

何よりも彼らの、日本への愛に涙があふれます。

 

彼らが目を輝かせて勉強している日本語。
彼らが、かけがえのない青春の一瞬一瞬を費やしているこの時間。
無駄にしたくない。

 

 

彼らが日本に来たときに、

日本が元気なかったら、
彼らに提供できるものが何もなかったら、

 

日本で学んだこと、働いたことが、キャリアの役に立たなかったら、あまりにも悲しい。
僕たちは、今の日本の若者だけでなく、
アニメなどを通じ、日本に触れ続けて育った世界中の若者たちに対しても、
責任を負っているような気がします。

 

彼らがいつか、日本に来てよかったっていえるように、
がんばらないと・・・